2015/03/11

京都西山:ポンポン山(678.9m)

〇 山行日 :2015年3月8日(日)

〇 目 的 :フクジュソウ観賞 

〇 山 域 :北摂・京都西山:ポンポン山(678.9m)

〇 メンバー:H開・S古・N上・F本・O濱・N原・Y里sa・N泉・森本・会長(途中から合流)

〇 アクセス:公共交通機関 会長車(帰路)

〇 天 気 :曇り

〇 装 備 :日帰り基本装備

〇 行 動 :8:15JR高槻駅よりバス乗車~8:46出灰バス停下車~8:55スタート~9:20尸陀寺跡分岐~9:28桜橋~9:31登山口~9:40スタート~10:05ツツジの丘(休憩15分)~10:45フクジュソウ観賞(30分)~11:27リョウブの丘(昼食40分)~12:24ポンポン山山頂△678.8m~13:27釈迦岳△631.0m(休憩30分)~14:40善峯寺展望所~15:00善峯寺へ下山

DSC07554.jpg

DSC07555.jpg

DSC07557.jpg

DSC07564.jpg

DSC07577.jpg

DSC07567.jpg

DSC07589.jpg

DSC07590.jpg

DSC07599.jpg

DSC07598.jpg

スプリング・エフェメラルの一つ、フクジュソウを訪ねて高槻のポンポン山に出かけてきました。

ころころ変わるお天気予報に一喜一憂しながら迎えた当日は曇り。

お日様が照ってないと開かないお花なのでちょっと残念でしたが、少しでも観賞でき
てよかったです。

フクジュソウの隣りにはかわいいネコノメソウも咲いてて、これも嬉しかったです。

ポンポン山の山頂ではアセビのつぼみがたくさん成ってました。N原さんが足で踏ん
で「ポンポン」鳴るところをつきとめ、皆に教えてくださいました。

そこを、皆でポンポン鳴らしてはしゃいできました。N上さんは、最後までわからな
かったそうです。

でもわかってほしくて一生懸命ポンポン鳴らして足踏みされてるN原さんが、「あ
~、疲れた~^^」と満面の笑みで楽しそうに息を切らしておられたのがとてもおも
しろかったです。

生憎のお天気で山頂からの展望はもうひとつでしたが、それでも京都タワーと生駒山
くらいはわかりました。

みんなでコンパスの練習をして、下山開始しました。



釈迦岳に到着したとき、道の向こう側から会長が現れました。これにはみんなびっく
り、大いに盛り上がりました。

比良に捜索に行っておられたのですが、午前中に見つかったそうでそのあと迎えに来
てくださいました。

せっかく会長にも会えたので、釈迦岳のベンチでコーヒータイムにしました。

コーヒーをいただきながら、遭難した時は家に電話するのではなく、警察か消防にす
るように、というお話をききました。

善峯寺展望所からは、お寺の全景を眺めることができました。遊龍の松も見えました。

帰ってから調べたのですがこの遊龍の松、高さは2m~3mほどだそうですが、長さは
37mもあり、国の天然記念物だそうです。

お寺の話はまた次回に御朱印ガールのお二人におたずねしようと思います。

わいわいと賑やかな日になりました。お付き合いいただいたみなさま、ありがとうご
ざいました。

この日は朝から、行方不明の方の捜索でヘリがずっと飛んでました。

どうか一刻も早く見つかりますように祈るとともに、会長のお話も含めていろいろ遭
難について考えた日にもなりました。
                                               (M 本)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント