2015/12/12

兵庫県:雪彦山 (915.2 m )

〇 山行日  : 2015年12月6日(日)

〇 目 的  : 個人山行

〇 山 域  : 中国山地;雪彦山(915.2 m ) 日本三彦山 関西百名山

〇 メンバー : Y里・K村・O西・A山(4名)

〇 交通手段 : 車 

〇 天 気  : 曇り

〇 装 備  : 日帰り基本装備、ヘルメット

〇 登山届  : 登山口で提出(下山後回収)

〇 一人当り経費: 3,000円  雪彦温泉 入浴料800円

〇 行 動  : 7:00八条口-名神高速南IC-中国自動車道福崎IC-県道67号線-9:00雪彦山登山口9:20出発~10:53大天井岳~12:08雪彦山△(915.2m)<~12:38鉾立山(950m)~12:57ジャンクションピーク(942m)~13:52虹ヶ滝~14:47雪彦山登山口-15:15雪彦温泉入浴15:57-中国自動車道-17:46名神高速南IC-18:26八条口
【山行4時間27分 休憩1時間1分 合計5時間28分】
  

     

今回は二班に別れ、ゼニーツ10人が八条口に集合した。挨拶もそこそこで出発し、渋滞もなく2時間ほどで登山口に到着。
参加者全員でコースの確認をしてから出発した。
大天井岳から虹ヶ滝に向かうショートコースがガイドブックに紹介されていたが今回は鉾立山経由のロングコースを行く。
雪彦山は日本三彦山の一つとして知られ新潟県の弥彦山、福岡県の英彦山、兵庫県の雪彦山を指す。
最初からかなりの急登が続き、暫くすると岩場が現れた。
岩場では鎖やロープも多く使うのでここでヘルメットを被る。
個人的に岩登りは久しぶりだったのでかなり楽しかった。
大天井岳の山頂では大勢が休憩していて人気のある山だと伺える。
まだこれから長い距離を歩く事になるので休憩も僅かで出発し雪彦山三角点向かった。
標高が上がるにつれて気温が下がりここ最近、雪が降っていたようで少しだが所々積雪が見られた。
雪彦山三角点をすぎると予想よりたんたんと進み鉾立山からあっという間にジャンクションピークに到着しあとは沢沿いを下って行くだけ。
岩登りも楽しめ、沢の下りでは見ごたえのある滝が多くあり、とても変化に富んだ面白いコースだった。
(Y里)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント