--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/30

奥美濃:ブンゲン(射能山)

○ 山行日  2016年5月29日(日)

○ 山 域  奥美濃・ブンゲン(射能山)

○ 目 的  サラサドウダンと奥美濃の展望

○ コース  若竹荘~ブンゲン~奥伊吹スキー場ゲレンデ~駐車場

○ メンバー K村・A山・H開・N原・T内・森本

○ 合 流  M元・K嶋・S字

○ 会 計  交通費1300円・鴨池荘入浴600円(/1人)

行程:7:15JR山科駅~8:50奥伊吹スキー場駐車場(S字さん達と合流)~9:00若竹荘~11:50ブンゲン~12:00ブンゲンより北のP(昼休憩40分)~リフト乗り場~スキー場ゲレンデ~13:20駐車地



RIMG4401.jpg

RIMG4419.jpg

RIMG4423.jpg

RIMG4426.jpg

RIMG4438.jpg

RIMG4467.jpg

滋賀県・分県登山ガイドに沿って若竹荘の横から入りました。若竹荘の奥さんが薬草にするスギナをムシロに広げて干していらっしゃいました。挨拶をして、分県通り、若竹荘に水を引いている黒パイプを辿って歩きます。


沢を二つ渡ったところで尾根に取り付きがわかりにくく、少し探しましたが無事尾根に乗れ、そのまま進みました。暫くは尾根を快調に進みました。途中からだんだん腰程の藪になりましたが踏み跡はしっかりしており、問題なく進みます。そのうち背丈を越える藪になり、N原氏に先頭を交代お願いし、がんばって藪こぎです。ブナの森がとてもきれいで、笹の藪も楽しく、ちょっと離れると後ろの人の状況がわからなくなりそうでしたが声をかけながら登り、山頂につきました。


周りの何も見えない藪からぱっと開けた山頂へ着き、ほっと一息。お付き合いくださったM元さんとK嶋さんが、手に曲がり竹をしっかり握り締めてこられたのは思わず笑ってしましました。私達とは違い、さすが余裕でした。山頂は生憎少し霞んでいて能郷白山までは見えませんでした。国見岳と、遠くうっすら伊吹山、貝月山などを観る事ができました。


山頂からは今までとは打って変って、刈り払われた登山道。お目当てのサラサドウダンが少しでしたが迎えてくれました。下山は奥伊吹スキー場のリフトの横をゲレンデを歩きました。急な傾斜がしんどかったです。正面に金糞岳を見ながら歩きました。
こちらも、是非歩きたいです。


帰りにK村さんが醒ヶ井に立ち寄りくださいました。バイカモが咲いていてびっくり。今年はお花の開花時期が本当に読めません。思いもしなかったバイカモときれいな水に心洗われました。


森本
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。