2016/08/04

リトル比良 岳山(だけやま)・岩阿沙利山(いわじゃりやま)

○山行日  7月10日(日)

○山域   岳山―鳥越峰―岩阿砂利山―滝山ー寒風峠―涼峠―楊梅滝
○参加者  M上(L)H開(SL)会長 Ha田 M本 N泉 S古 N上 TJI T内 A田 N原 Y里夫妻 S字 M岡

○天気   曇りのち晴れ

○行動   8:30近江高島駅8:45-音羽9:00-賽の河原9:30 

灯籠10:20-岳観音11:00-12:10岳山(昼食)12:30

オオム岩13:15-鳥越峰13:30―岩阿砂利14:30

滝山15:30-寒風峠16:05-楊梅滝17:30

登山口18:00-北小松駅18:30




  
 1.gif
 2.gif
  3.gif

北小松駅から音羽を目指して歩く 登山ポストに届けを入れる。
16名と大人数の為、2グループを作る 夏のアルプスに備えて9名が歩荷
歩荷組のペースで歩き出す。大きな灯篭のある展望の良い所で水分補給。
予報では35℃ 報道どおり蒸し暑い。休憩 水分補給も充分取っていたと思うが 二名が体調を崩し 岳山で6名が下山。
昼食後10名が予定のコースを進む 時間が押しているのでY里sunさんに先頭をお願いする。 オオム岩で景色を楽しむ。
(この先もエスケープルートがない) (進めば6時を過ぎる)どうする?
もい一度みんなで検討し 結果 進む。
アップダウンを何度も何度も繰り返す 前を歩く人の大きな重いザックを見ながら私のザックの3倍ある なんでしょって歩けるん? 凄いなあ と思うばかり。
また 下山した人は登れなくて悔しい思いをしているだろう 今 歩けている事に感謝しなくては と思いながら変化の無い道をひたすら歩く。
涼峠手前のオトシの綺麗~な緑の苔 コケ こけ。 楊梅滝は前日の雨もあって凄い迫力でした。Y里さん先頭ありがとうございました。歩荷の方々お疲れ様でした。
 (H開記)


 梅雨の時期にも関わらず晴天に恵まれ、集合場所の近江高島駅に16人が8時30分に遅れる事無く全員が集合。
ボッカ組(1班)とそれ以外の人(2班)とに分かれて、8時45分にスタート。

9時10分に登山口にて登山届提出。トイレ休憩を取り出発。
白坂の手前でコースを間違え小田川に出てしまい、M本さんに間違っているとの指摘を受け、元の位置まで戻り、1時間のロス。
この辺りから、私の体調が悪くなりつつ休憩を取りながらの山行となり、私のミスと体調不良で皆様には、大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
そのうえ、岳観音跡を過ぎた辺りで、1班の皆様に私の荷物を分けて持ってもらい、気を使って頂きありがとうございました。
ようやく11時50分に岳山に到着。
この時点で、M岡さん、N泉さん、T内さんも体調が悪くなっており、これから先は、エスケープも少なく 晴天のため気温が上がる事も考え、相談の上下山する事とした。
下山に対して、会長とS字さんに付き添いをして頂き、私を含め6人で下山。
それ以外の方は、岳山で昼食を取り12時30分に岩阿沙利山を目指し出発。

下山組はゆっくり昼食を取り、無理の無いように休憩してから下山。
下山途中の白坂にて、砂山に登りそこから観える琵琶湖・竹生島・伊吹山の景色を堪能して、無事に15時45分近江高島駅に下山。
体調の悪かった方々も、下山途中からは良くなり悪化することも無く、元気に下山出来ました。


お詫び・反省点

・私の体力不足で、休みながらの山行・コース間違い等大変心苦しく感じております。メンバーの方々には、ご心配・ご迷惑等々お掛けしまして誠に申し訳ございませんでした。
・又 今回は、留守本部を立てずに動いてしまいました。肝心な事を忘れてしまい重ねてお詫び申し上げます。 
(M上記)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント