--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/06/01

5月定例山行:野坂山系 西方ケ岳・蠑螺ケ岳

〇山行日 5月14日
 
〇行き先 野坂山系 西方ケ岳・蠑螺ケ岳 

〇交通手段 車2台(雅号・K号)

〇メンバー A班 K村 H開 Y里(S子)Tj S古 H田 中泉
        B班 会長 S里(shun)T内  I本 Y野 N山 (以上3名ゲスト)
 

今回会長の提案で 常宮登山口スタート(A班)と浦底登山口スタート(B班)に分かれての山行だった 車の移動時間の短縮と 合流したときに お互いの登ってきたコースの情報交換が目的だった 情報交換のほうは ほとんどが 花の情報だったけど 面白い試みだった、
 前日の雨も上がり 朝のうちは まだ曇り空だったが常宮の駐車場に着く頃には晴れてきた ラッキー  常宮神社の駐車場で A班 B班 お互いの無事と再会を誓って B班は浦底登山口へ向かった A班はここで 西方ケ岳ならでわの儀式 敦賀湾の海面にタッチ(このことは私がゼニーツに入会当初 よく会長から聴かされていた なかなか実現する機会がなく今日になった)海抜0メートルからの登山 レッツゴー 

常宮登山口(9:12)スタートすぐ木の階段 急坂 30分ほどで奥の院展望所(9:40)私はもう汗だく でも敦賀湾 敦賀の市街地のが綺麗に観ることができた 今日のお天気に感謝 きのうのてるてる 坊主に感謝 そこからまた上り坂 銀名水(10:35)で いっぽん 名水の冷たい水ではなく スポーツドリンクでのどを潤す(なんでやねん)ここからオウム岩までまた登り 自分の担当した山行やし 文句も言わず登った しかし暑い!オウム岩到着(11:07)展望も綺麗 風が気持ちよい もう ここで昼飯にしょうよ~ でも もうちょい めざせ西方ケ岳! この山行には 個人的にもうひとつ目的があって 敦賀三山で岩篭山 野坂岳あと この西方ケ岳がまだ登れてなくて この山にした理由のひとつだ 途中チゴユリが1りんだけ咲いていて まるで私を足元からチヤガールのごとく応援してくれているようだった (なんじゃそれ) 西方ケ岳到着(12:10)敦賀三山制覇したぞー (ちっちゃくガッツポーズ) そこから2チームの合流場所のカモシカ台までは 私の大好きな 平たんな尾根道こんな道ばっかりやったらええのになぁ (て山ちがうやん ただの平たんな場所やん)そんなあほなこと思ってる間に カモシカ台の分岐の道標発見(12:30)カモシカ台到着(12:40)やったー B班より早く到着(ちっちゃくガッツポーズ)後に解るが浦底コースのほうが きついコースだった でも5分も立たない間に B班到着 楽しいランチタイム 

そこからまたA班は蠑螺ケ岳(685.6㍍)B班は西方ケ岳(764.1㍍)目指して別方向へ 向かった、 蠑螺ケ岳到着(14:15)ここでもうひとつの目的 水島がエメラルドグリーンの海に浮かぶように観れた(ヤッター これが観たかった)感激!下山しながら 1枚岩 ブナ林の間から 水島を眺めてた   浦底登山口到着(16:05)カモシカ台で交換したキーで雅号に乗り込み 出発場所の常宮神社で B班と再会 熱い握手を交わした 帰りの車での夕日も ふくめなかなか 良い山行だったごいっしょして頂いたみなさん ほんとうに有り難う御座いました。

    (N泉記)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。