2018/03/25

3月定例山行: 鈴鹿山脈 藤原岳

★3月定例山行 3月18日(日)

★交通手段  Y村号、Shu二号(単独)

★山域    鈴鹿山脈 藤原岳

★メンバー  Y村、N原、Shu二、H本(新入会)、S字、Tji、H田(T内、風邪の為欠席)

★天気    晴れ

★登山届 現地の登山届ポスト

★留守番本部 N上

★行動  山科駅7時集合、8時半藤原岳駐車場、8時50分出発、9時15分聖宝寺道、11時8合目、12時藤原山荘(トイレ休憩20分)、12時47分天狗岩(藤原岳最高点、1171M)、昼食15分、12時24分藤原山荘、13時45分展望台、14時36分孫太尾根を少し往復し藤原山荘、大貝戸道経由、16時50分下山、阿下喜温泉あじさいの里で入浴、20時半山科駅





この日は登山学校最終日と重なり、他のメンバーも多忙なようで少々寂しい人数になったが、リーダーを務めるプレッシャーを感じていた私的には、少人数が逆に有り難かった。
現地に着き、お目当ての駐車場は満車。
別の駐車場を探す。
最近個人山行で、誰にも会わない北山ばかり行っていた私には、登山者があまりに一杯で驚く。
くねくね道が延々と続き、8合目を過ぎたあたりから福寿草と出会い、9合目からあちこちに福寿草が見える。
K村さんが「3月の藤原岳は残雪で泥々になる」と仰っていたが、靴もスパッツも泥々で悲惨。
別便で早く単独出発されたShu二さん。
孫太尾根(私達より3倍長い)を歩き、涼しい顔で待っていて下さる。
藤原岳は3度程来ているS字さんが、天狗岩まで来たのは初めて、と仰って下さり嬉しい。
高山を経験している方にとっては、たかだか1000M越えの山だが、天狗岩も展望台も、周りの山々が見渡せて素晴らしい景色。
孫太尾根には節分草、福寿草のコラボと聞いて、予定を変更して孫太尾根も少し往復。
節分草は可憐な健気な花で、福寿草も雪の中から見事な花を咲かせていて感動。
結構急ぎ足の山行で、参加者の足を疲れさせ、汚してしまって大変づつなく感じていた私は、皆さんが喜んで下さって、少しほっとした。
下山中、分岐を立ち止まらないで歩いたので、会長に雷を落とされた。
今年は怒られない人になりたい、と思っていたが、やはり無理であろう。
会長、血圧上げさせてごめんなさい❗

(余談)
行きしなの車中では、S字さんの元同僚の先生の自主制作したCDを拝聴。歌手名は「モンロースキーたかし」。
65歳と思えぬ声の若さ、「カレーの歌」は最高❗
帰りは会長のフォークソングベストを聞きながら、あれこれお喋り。

(感想)
①新入会して下さったH本さんが、うるさい車中を楽しんで下さったようで嬉しい。
新しいお仲間が増えて嬉しい。
②今回は20日ぶりの山行で、筋肉痛。明後日はダイトレなので復活せねば❗
私は会長に怒られるとすぐふくれるし、体力&精神面で非常に弱い。
(もう大人だけど)もっと大人になるべきだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント